« *とうに その2 | トップページ | 医龍3 その8 »

黄金の豚 その7

 面白かったなあ相変わらず。

で、何が面白かったんだ?と反芻して見ると、はて?さて。特にインパクトがあったとこが浮かんでこない。展開的にはほぼ毎回のお約束に近い勢いだし・・・・。偉いさんが同じ穴のムジナで下々の人間が正義を振りかざしても所詮嗚呼無情という流れはドラマの中に於いては新しくもあるけれど現実では溢れてるからドラマよお前もかあとさしたるインパクトもなし。

それともまだ続きがあって超偉いさんに金返せなんて言うのかな。だとしたらその序の章ということでこの回だけで面白度を測るのはアホなことだけど。

でもまあとりあえず強いて挙げると明珍(生瀬さん)が気になるところだけど。これも序の章の前触れということになるのかな。勝手な憶測だけど。

展開云々じゃなくてやりとりが面白いんだろうなきっとこのドラマは。

多分役者さんを愉しむドラマなんだろな。個々の役者さんをというのではなく掛け合いを。

知り合いで「ハケンの品格」がツボという奴がいて、そいつ曰くそれよりもこっち(黄金の豚)の方が掛け合いが面白いんだよなとのたまっていたけどパワーアップしてるというとこが面白味を増す要素なんだろうかな。

大泉・篠原コンビが秀逸ということか。

自分は「ハケンの品格」は正直流し見したようなもので比較する程覚えてないのでそういう楽しみは見いだせないけど堤家がお気に入りだな。

|
|

« *とうに その2 | トップページ | 医龍3 その8 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50187898

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の豚 その7:

« *とうに その2 | トップページ | 医龍3 その8 »