« まさに | トップページ | 獣医ドリトル その6 »

*「へん」と「せん」

「やらない」を例にすると

「やらへん」・「やらせん」は「やろうとしない」と訳せる。

「やりゃへん」・「やりゃせん」の訳は「わざとやらない」と訳せる。

「やりゃあへん」・「やりゃあせん」だと「やりやしない」という訳になる。

シンプルに「やらない」は「やらん」。「やりゃん」という言い方はない。

蛇足であるが「やりえん」だと「やれない(出来ない)」という事になる。

さて、「へん」と「せん」はどういう違いがあるのかというお話し。

どちらも遠州弁として使われる表現である。

訳す場合にも明快な違うがあるわけではない。イメージ的には「へん」は関西風の味がする。撥音便を元に戻すと「へん」は「へぬ」で「せん」は「せぬ」になるのであろうか。「へない」・「せない」という手もあるが「へない」はないよなおそらくは。

幾分強引に違いを探すとなると

「やりゃへんよ」だと「やらないよ」

「やりゃせんよ」は「やりはしないよ」

例を「出来る」に代えてみると

「できへん」・「できせん」

出来ない理由が異なって聞こえる。

「できへん」だとなんらかの準備が足らなくて(道具がないとか人数があつまらないとか)で出来ない風に聞こえる。つまりやりたいのだが出来ない。

「できせん」だとなんらかの障害があって出来ない風に聞こえる。どちらかといえばやるやらない以前に出来ない。

誇張気味ではあろうがこういったニュアンスの違いが感じられなくもない。

|
|

« まさに | トップページ | 獣医ドリトル その6 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50058980

この記事へのトラックバック一覧です: *「へん」と「せん」:

« まさに | トップページ | 獣医ドリトル その6 »