« あ~あ また延長だよ | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その5 »

*「ぢゃあ」と「じゃあ」の存在

普通は「じゃあ」の表記で一本化されてるところであろうが

「ぢゃあ」と「じゃあ」は存在していてそれぞれ使い分けがなされているのではないかとふと思ったので記載。これが遠州弁独特なものなのかは定かにあらず。つうか共通語だろうかなやっぱ。でもせっかく書いたので記載。

「ぢゃ」と発音するには口を広げなければならず表情としては笑顔で口角が上がるのに近いものになる。

そういう事に因果関係があるのかは定かではないが

「ぢゃあさあこうしまい」だと「それならこうしようよ」と新規の提案という勢いと感じられたりする。

「じゃあさあこうしまい」でも「それならこうしようよ」と訳は同じであるが折衷案というか妥協案というか落としどころを考えてのという勢いに感じられる。

他には「ぢゃあね」。別れの際の言葉であるが「じゃあね」よりもこちらの方が合ってるような気がしないでもない。

|
|

« あ~あ また延長だよ | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その5 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49953230

この記事へのトラックバック一覧です: *「ぢゃあ」と「じゃあ」の存在:

« あ~あ また延長だよ | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その5 »