« *でなんだあ | トップページ | *とんまさる »

さかしま

「逆しま」{しまは接辞}「さかさま」の雅語的表現。と辞書にある。

パッと聞きした感じだと「よこしま」とか「さかしい」というイメージに近いので「あざとさ」が籠もったニュアンスなのかという勢いに感じてしまうのであるがそうではないらしい。

意味するところは「さかさま」。

しかも雅(みやび)な表現だそうな。

「さかしまな考えをもつんじゃない」と「よこしま」とこんがらがっちゃいそうだがそうではない、というより使い方がおかしいという事か。確かに「さかさまな考え持つんじゃない」なんて言わないものな。

でも「あんた上と下さかしまだよ」なんていうのかなあ。

つまり文章全体が雅語的表現としてまとまっていないと使えない言葉ってことなのか。それとももっと限られたものにおける「さかさま」なのか。古文の例文は見かけるけど普通の文章の例文がそうそう見かけない。

「いとしい」・「いとおしい」も雅語的表現とされてるけど、これらはそんな制約なくても使えるのになあ。まあだからあまり使われないって事にもなるんだろうけど。

ちなみにネットでは「さかさま」の他に「道理に背く事」という意味もあるというのを見かけたけれど確か「道理」の雅語的表現は「ことわり」だった筈なので「ことわり」の反対語は「さかしま」って事になるのか?

「節理のことわりに従って」とかを「節理のさかしまにとって」とかいうって事になるんかい?なんか痛いなあ。

なんてことを大分前に疑問に思えたけど分からずじまいでそのまま放置してたんだけど、最近見始めたネットの辞書を見たら

①道理に背く事。よこしま。例文「さかしまな心を抱く」②さかさま。さかさ。というのがあった。

なんか①の説明は随分と昭和の辞書と異なるものだ。昭和の辞書の説明がシンプル過ぎたのか時代の変わりと共に意味まで変わるものなのか。

ん~ますますよく分からんぞ。でもとりあえず現在の意味使いでは「よこしま」ニュアンスが混ざっていても変じゃないらしいことだけは分かった。

|
|

« *でなんだあ | トップページ | *とんまさる »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49970089

この記事へのトラックバック一覧です: さかしま:

« *でなんだあ | トップページ | *とんまさる »