« SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その5 | トップページ | ストロベリーナイト »

*めえ

山羊が啼いている訳ではない。

「やあ買いめえやあ。」

  (おい買おうぜ、なあ。)

「まい」の強調形というかとにかく強い意志を訴えたい場合に使われる。強気であり粗野と思われる副作用がある。

「やあ買わまいやあ。」だと

  (おい買おうよ、ねえ。)

といった勢いの違いとなる。男言葉で女姓が使うことはまずない。「めえ」{助動詞}と辞書にもあるしおそらくは関東系の言い回しでありそれを遠州でも使ってるよということであろう。

「そうしめえ」・「そうに違いあるめえ」とかともなると多分に江戸っ子風味が増すところである。

例文

「わしこれ買わすでおめえそっち買うかあ。うんそれがいいそうしめえ。」

  (俺がこれを買うからお前それを買うってことにしよう。うん、そうしようぜ。)

「うんじゃねえよ。こっち1.000円もすんのにそっち200円じゃねえか。なにんいいだあ。」

  (うんそうしようじゃねえよ。こっちの1.000円もするのにそっちは200円じゃないか。どこがいいんだ?)

「いいじゃんそれでえ。金持ちと貧乏人の違いに合わせてるだもんで。貧富の差だでしゃああんめえ?」

  (いいじゃないかそれで。金持ちと貧乏人の違い合わせてるんだから。貧富の差なんだからしょうがないだろ?)

「ざけんじゃねえよ。貰ってる給料の額は一緒だにい。金んねえなあてめえの金使い荒いせいじゃんか。」

  (冗談じゃないよ。貰ってる給料の額は一緒だぞ。それでお金がないのは自分の金使いが荒いせいだろ。)

「んなことねえよ。わし貰うのはなんかしらんが最初っから足ん生えてるのだけどおんしゃんの貰うお金は根が生えてるもんだで金っつっても種類の違うもん貰ってるだあれ。」

「おめえ本気でゆってるならぶっさぐるぞ。」

話しは飛ぶが「~しようぜ」と言うのを遠州弁では「~しまいか」・「~しよまい」となるのであるが「しめえや」・「~しよめえ」という言い方があるのかは微妙なところではある。有るとしたら多分に関東っぽいイメージが湧くところで遠州弁からは離れる趣がある。

|
|

« SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その5 | トップページ | ストロベリーナイト »

1-2・遠州弁ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47962427

この記事へのトラックバック一覧です: *めえ:

« SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その5 | トップページ | ストロベリーナイト »