« ギルティ 悪魔と契約した女 その4 | トップページ | 三代目明智小五郎 その5 »

*でえ

語尾に付く「でえ」ではなく頭に付く「でえ」のお話し。

「それで」と言っている。共通語であろうが使用頻度が高いことに地域性があろうか。「で」と言うよりも「でえ」と言う方が多い傾向が遠州弁にはあろうか。

前の話しに上乗せというか被せるという使い方もすれば話し変わるけどけどみたいな切り替えの使い方としても使われる。「で」だと切り替えの用途に限られる点があって両刀使いの「でえ」がよく使われる理由であろうか。

他には「そんでえ」・「ほんでえ」などがある。「ほれでえ」というかどうかは微妙。

たまに「だもんでえ」の略としても使われる事がある。

疑問形にする場合は「でえ?」となるよりも「で?」となる事が多い。

例文1

「あのさあちっといい?」

「ちょっと待って今テレビ観てるで。」

暫し後

「あ~笑った。でえ、なによをなんかいいたいこんあっただら?」

「はあいいや。何ゆうか忘れちったあ。」

例文

「あのさあ。」

「なに?」

「明日暇だら?」

「なんで?」

「フラーパーク行かん?」

「別にいいけど。」

「でえ 車出してくれんかねえ。」

|
|

« ギルティ 悪魔と契約した女 その4 | トップページ | 三代目明智小五郎 その5 »

1-2・遠州弁て行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49892053

この記事へのトラックバック一覧です: *でえ:

« ギルティ 悪魔と契約した女 その4 | トップページ | 三代目明智小五郎 その5 »