« 獣医ドリトル その4 | トップページ | パーフェクト・リポート その無 »

*しいらんよを

「知らないよ」ということであるが、私には係わり合いがないというニュアンスが強い言い回しである。厳密にはこういう訳とはならないが「何言ってるんだ」という感じでもあろう。

したがって「しらんよを」とは意味合いが若干異なるものである。「しらんよを」は否定としてのニュアンスが強い。

「しいらんよを」を強くしたのが「しいらんやあ」突き放してる度合いが強まる。

自分じゃないとか自分を巻き込むなといった第三者的要素が濃い。

大雑把なニュアンスからみて共通語に直すと

「しらんよを」が「知らないからね」

「しいらんよを」が「何言ってるんだ」

「しいらんやあ」は「しったこっちゃない」・「さあねえ」

とかになるであろうか。あくまでニュアンスであって正しい訳ではない。

例文

「誰よ。ここんさあワックスかけてかわかいてただにその上踏んづけてったのわあ。跡んついちゃってるじゃん。あんたけえ。」

「しいらんよを今帰ってきたばっかだに。」

「あんたじゃなきゃなによを泥棒でも入っただか。貧乏人狙って何愉しいだかいやあ。」

「しいらんやあ。泥棒なら警察電話しない。」

「にしちゃあ盗られたなあ見た感じないみたいだけど。じゃあなんだいねえ。」

「どうせ自分ボケこいたじゃない?ドア近くからかけ始めて部屋出る時拭いた上歩いて出たの気づかなんだとか。」

「ああそうかあ。」

「やっぱそうかや。だと思った。」

|
|

« 獣医ドリトル その4 | トップページ | パーフェクト・リポート その無 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47333017

この記事へのトラックバック一覧です: *しいらんよを:

« 獣医ドリトル その4 | トップページ | パーフェクト・リポート その無 »