« 黄金の豚 その3 | トップページ | 三代目明智小五郎 その6 »

*みがましい

実は私この言葉は知らない。

色んなとこでは

「みがましい」。しっかりした・見苦しくない。もしくは子供に対してお利口さん・利発という意味合いで使われているそうな。

まあ要はこんなこと言われる手合いじゃなかったから縁のない言葉であったせいもあろうが。

辞書や古語辞典にもそれらしき言葉はみつからないので古い日本語の生き残りということでもなさそうだ。

言葉を知らない人間からしてみると「身構える」の変形のように聞こえてしまう訳だが身を構えるからしっかりして見えるとか見苦しくないという風に映るんだよなとも思えてくる。もちろん勝手な想像である。

ついでにいえば、「みがましい」の反対語はなんなんでしょうね。意味としてはしっかりしてない・見苦しい及びアホとかいうことになろうが。

想像を働かせるには「ぶしょったい」とかをイメージするところだけどどうなんでしょ。

分かる人がおられたら教えてつかあされ。

例文は使ったことないので思い浮かびません。

|
|

« 黄金の豚 その3 | トップページ | 三代目明智小五郎 その6 »

1-2・遠州弁ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49923441

この記事へのトラックバック一覧です: *みがましい:

« 黄金の豚 その3 | トップページ | 三代目明智小五郎 その6 »