« フリーター、家を買う。 その5 | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女 その6 »

*やろを

「やろを」=「だろう」。あまり遠州では使わないが使い手はいる。

「せや」・「せやろう」とかの「やろ」・「やろう」だとより関西風になるが「そうだ」という意味合いでの「せ」という使い方は遠州ではしないので微妙に関西とは異なる感じがする。

「やろを」とすると多分に東海地方っぽくなる気がするのは気のせいか。この場合の「を」は「wo」ではなく「ou」が近い。遠州ではイントネーションはほぼ「野郎」と同じか(意味は当然違うけど)。語尾が上がると名古屋っぽく聞こえ東海でくくったとしてもイントネーションは異なるものである。

「や」を抜いての「ろを」という言い方も存在するな。まあこれは広い地域での言い回しだから遠州弁っぽいという訳ではないが。

「や」の代わりに「ら」を用いて「らろ」・「らろを」という言い方になると遠州弁っぽい感じが増す。ただしこれがどこの言葉なのかは定かではない。ネットで検索してもヒットしてこないのでもしかしたら遠州弁と呼べるのかもしれないが頻繁かつ大勢が使う表現ではないのでそれはないだろうと思う。

「そうせるやろ」

「そうせるやろを」

「そうせるろを」

「そうせるらろ」

どれも「そうするだろ」という同じ事言っているのであろうが、確実なモロ遠州弁となると

「そうせるら」

「そうせるだら」

とかやろを。

遠州弁における「やろを」の使い方は「ら」・「だら」という予測よりも確信度合いが増した言い方という感じになる。ニュアンス的には

「そうせるら」(そうするだろ)

「そうせるだら」(そうするんだろ)

「そうせるやろを」(そうするんだろう)

といった感じか。

|
|

« フリーター、家を買う。 その5 | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女 その6 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49432240

この記事へのトラックバック一覧です: *やろを:

« フリーター、家を買う。 その5 | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女 その6 »