« 医龍3 その6 | トップページ | ストロベリーナイト その2 »

*だなあ

「そりゃ買うだなあ

別に遠州弁でもなんでもないだろうけど、共通語だと「それは買いだなあ」となるのであろうか。前に付く動詞の活用形が共通語と異なるというのに地域性があるのかも。

訳すと「そりゃあ買いだよなあ」になるのであろうか。ニュアンスを訳しにくい言葉である。「買った方がいいと思うよ」という方が近いのか?

「そりゃ買うだあれ」

だと「そりゃ買いに決まってるだろ」となるのであるが、この言い回しよりも「だなあ」は諭す感が強い。別の言い方だと「買うべし」=「買うだあれ」で「買うべきかと」=「買うだなあ」という感じか。

諭すと書くと聞こえはいいが、どうせ自分のいことじゃないからといった他人事という薄情さも篭もる事も多々ある。聞き手が弱ってる際に「だなあ」を発すると薄情と思われかねないところである。

「だなあ」は男言葉である。女性言葉は「だねえ」であろうか。

例文

「困ったやあ。どうすりゃあいいよを。」

「そりゃやるだなあ。それしかありもしん。」

「やるにしたって何から手えつけていいだか見当もつかん。」

「そりゃ気づいたとこからするだなあ。」

「なんか物言い冷たいじゃん。人のこんだでどうでもいいと思ってへんけ?」

「やっぱそういうのは伝わるだなあ。」

「はあいい。」

  (もういい。)

|
|

« 医龍3 その6 | トップページ | ストロベリーナイト その2 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49945923

この記事へのトラックバック一覧です: *だなあ:

« 医龍3 その6 | トップページ | ストロベリーナイト その2 »