« フリーター、家を買う。 その6 | トップページ | *17 »

ギルティ 悪魔と契約した女 その7

 黒幕が早くも登場したのか?それとももっと上がいるのかな。いるんだろうなきっと。

ところで真犯人は誰なんだろ。流れ的には宇喜田(吉田さん)を最大の標的に据えたともとれる勢いだけど、真犯人についてはさらりとした梅酒ってか。なわきゃないだろうな。

とにかくどこをどうすればそうなるのか見当はつかないけれど三輪さん(モロさん)の意思を継いだら野上芽衣子(菅野さん)は真っ当な人生を真島(玉木さん)の協力で生きれるのかもしれないという目が出てきたようにも見えてくる。なわきゃないかあいくらなんでも。事実を知ってる堂島(唐沢さん)の存在がある限り無理だろうな。

この回は万里(吉瀬さん)の格闘シーンが印象に強く残ったな。

それと芽衣子の人間らしい葛藤(感情)がより露わに映ったところ。どちらかというと今までは目が据わってるか死んでる(愛想)かどちらかの表情が殆どを占めていたけど真島と接した時と真島の事を想う時の表情に精気が感じられるようになったという印象の回だよな。

復讐者が主役ということでドラマとしての最後の落としどころが皆目見当がつかないから黙って次回を楽しみにするしかないとこだけどホントどうなるんでしょうね最後は。

ところで堂島はなんでフーテンしてるんでしょうねえ。あそこまで堕ちるなんて普通じゃないように思えるので、自らの判断でそうせざるを得なかったのか強い力でここまで追い落とされたのかそういった理由は明かされるんでしょうか。なんか気になりますな。

|
|

« フリーター、家を買う。 その6 | トップページ | *17 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50114513

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティ 悪魔と契約した女 その7:

« フリーター、家を買う。 その6 | トップページ | *17 »