« おじいちゃんは25歳 7話 | トップページ | 医龍3 その7 »

黄金の豚 その6

 砂羽さんに袴田さん。

どちらも浜松出身の役者さん。出演されてましたなあ。ででんと。

お話の筋は、金の卵を産む鶏が不公平な配分によって与えられてた餌を貯め込んでた事を糾弾するというもの。

使い道が今までの通り私腹を肥やすというか着服しての豪遊してるとかなら成敗致すもこれ爽快なりしが今回はどうもそういう匂いこれ無く。他にもっと尻尾捕まえる奴いくらでも居るだろうに。そういう奴を全部平らげてからにしろよと思わなくもない展開でありましたな。

貧乏性は罪ととれなくもなかったな。

それでも悪党色を出さんと夜に襲撃させたりで色つけてたけど悪党色にまでは染まって映らなかったなあ。

別にあれですよ郷土の役者さんに肩入れしてるとかいうことでそう思えた訳じゃないですよ。あくまで貴重なる才をこういう形で葬るというのがなんだかなあと思えたという次第。これがあのうだつの上がらない学者さんとかから研究をパクってるだけで本人は金勘定以外能がないなんちゃって学者とかなら話しも変わってこようもんなんですが。

まあ今回は上司たる者の心得を説くお話しと考えてみればそういう葛藤がちゃんと描かれていましたからそういう視点でみていけばよかったんでしょうけど。

|
|

« おじいちゃんは25歳 7話 | トップページ | 医龍3 その7 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50124784

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の豚 その6:

« おじいちゃんは25歳 7話 | トップページ | 医龍3 その7 »