« *「ぢゃあ」と「じゃあ」の存在 | トップページ | 勘弁してくれい »

霊能力者 小田霧響子の嘘 その5

 メラーンの謎が分からなくて面白かったな。見事にたぶらかされたという勢いでおました。オダキョー(石原さん)が謎解きの説法始めてようやっとなるほどと。

最初の奇跡は絶対共犯の上での狂言だろうと思えて。それが結構後まで引き摺ったという迷路への誘導がうまかったんだろうかな。聞き込みが悉く成果なしという珍しい展開であったことも新鮮だったのかも。

その分あれだけのヒントで正解に辿り着くのはちと強引のようにも全て種明かしされた後余韻として残るところだけれども結末知らずに観てる限りでは謎が謎のままで面白かったな。

子供の為と言ってたけど、なんでメラーンを編み出したのかの動機及びあのひったくり相手に素直(普通)に取り押さえずにメラーンをかましたのかという理由がよわっちい気がしないでもないけれど、非の打ちどころのない善人をいたぶってもせんない事でこの締め方は正しい気がするところでありました。

後、このドラマには不必要と思えるくらい見事な谷口(谷原さん)のアクロバティックな動きがとても印象的だよなあ。あのスタントマンさんって何気に凄い気がする。

ところでいつになったら警察に協力して神隠しと対峙するんだろう。一話であっさり退治となるのかな。

|
|

« *「ぢゃあ」と「じゃあ」の存在 | トップページ | 勘弁してくれい »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49967717

この記事へのトラックバック一覧です: 霊能力者 小田霧響子の嘘 その5:

« *「ぢゃあ」と「じゃあ」の存在 | トップページ | 勘弁してくれい »