« *「ら」=「らむ」?どうだかいやあ | トップページ | 何気に思ったこと 2010・10月 »

三代目明智小五郎 その4

 トリック暴きの妙とかじゃなくて、よくこんな手段で人を殺そうと思うよなという手段の妙を嗤う展開になってきたのだろうか。

毎回殺されるトホホな単発の連発なお話しかと思ってたけど、20面相三代目の出現で全てが繋がる一連の物語へと化していってるみたいだ。

そりゃそうだよな。いつも死ぬなんて如何にも不自然だものな。これくらいの景気づけがないとな。いや理由づけか。

とはいってもひとつとして緊張はこれなく、もれなくギャグがついているというコメディであることだけはなにも変わってはいないけど。

印象に残ったのは野犬に追いかけられるというくだりの辺りかな。

究極の手抜きと取るかカメラワークと役者力の骨頂であろう存在しないものをさも存在するように見せる手練手管の披露と取るか。

それにしても小林少女。なんか毎回コスプレしてないかい?意味は無いけど意義はあるってか。その意義とは賑やかしというか華やかにという事か。

そんだけ地味ではあるものな。

それと20面相三代目が姿を現してからの一連の間が嗤えたなあ。着替えを待つ時間の間。人が話してるのにバレーボールぶつけて邪魔をするとことか。こういう緊張感のかけらもない状況に於いてもきちんと対決の緊を表現してるとこはお~!と思えましたね。嗤えたけど。

とにかく観てる方はどのシーンも頭使わず笑えるけれど、作り手の方はどのシーンに於いても相当に知恵を絞って作っているのかもしれないと思わせるところがあってそういうところがいいんだよなあ。見え見えはいやらしいしかといっておくびにもださないというのも味気なく、そのあいだくらいな感じでいい塩梅だこと。

それにしても廃校に野良犬という組み合わせは特に昭和っぽい感じがするなあ。

|
|

« *「ら」=「らむ」?どうだかいやあ | トップページ | 何気に思ったこと 2010・10月 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49911870

この記事へのトラックバック一覧です: 三代目明智小五郎 その4:

« *「ら」=「らむ」?どうだかいやあ | トップページ | 何気に思ったこと 2010・10月 »