« *遠州弁かるた 五七五調 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その4 »

獣医ドリトル その3

 傑物の快だよな。なんとまあその腕に覚えありとて腕を頼りに世を渡るというのは、これほどに力強く生きれるものかと感心しきり。

ある意味職人の美意識を描いてる部分もあるのかな。羨ましくもあり。

マンガだとそういうキャラなんだと思えてなんで金に五月蠅いのか気にはならないけどドラマだとなんかとても気になってくるのは不思議だあなあ。それはマンガだと終わりが来ると思って見ていないけどドラマだと必ず近々最終回がやってくるという事で謎や疑問が明かされずに残尿感が残るのは嫌だから焦ってすぐ知りたいという気分になるからかな。あまり懇切丁寧過ぎるのもあれだけどツボは抑えて開示して欲しいとこだよな。

それにしてもドキドキハラハラのTBS。排球中継が延長なんかされた日にゃずれ込んだ分他局の番組予約とかち合ってパーになっちゃうものだから。

延長上等な運動競技中継なんかはBSと連携してうまい塩梅でバランスを保って欲しいとこだよな。続きはBSでとかはなからBSでとか。

そんなことはさておきとりあえず思った事。

悪さした怪しき人影というのは誰?土門の息子の嫉妬心ということならちょっとしらけるぞ。親のメンツ(野望)丸潰れというのと天秤かけたらどうみても軽いもんな。一体誰なんだろう。ドリトルの言動からすれば敵も多そうだし未登場の人間なのかな?まだ今後も出てくるのかな。

ドリトル(小栗さん)は金を貯めてどうすんだ?何に使うんだ?

花菱(成宮さん)は立ち直るのか?騙されるのか?

國村さんが演じると悪党に見えないんだけどという土門は敵か味方かはともかく善い人なのかえぐい人なのかどっちなんだ?

それにしてもドリトル=小栗さんに違和感がないよな。

|
|

« *遠州弁かるた 五七五調 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その4 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49901718

この記事へのトラックバック一覧です: 獣医ドリトル その3:

« *遠州弁かるた 五七五調 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その4 »