« *かん  | トップページ | 三代目明智小五郎 最終話 »

おじいちゃんは25歳 その1

 確かに昭和が蘇ったと思わせるところが凄い。現在とは異なるであろう物の道理とか理屈が確かにそうだったと思い起こすことができればこれは楽しいかも。

奇跡のお値段500万という顛末が何故必要なんだろ。今後これが糸引くじゃないや後引くのかな。

ホイチョイプロダクションが関わってるんですね。バブルへGO以来かしらむ。

面白そう。なんとはなしに今後おじいちゃんが何するのか予想は出来るけど要は如何に気風よく捌くのかが見所なんだろうかな。

強い父権の復古。引きこもりの対処。乱れた大和撫子への矯正。とかを処理して家族とはどうあるべきかを問うのかな。

それにしても手っ取り早く昭和を引っ張り出すのにこういう手を使うとは。発想の勝利ではあるかな。以前はタイムマシーンだったものな。

|
|

« *かん  | トップページ | 三代目明智小五郎 最終話 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50042761

この記事へのトラックバック一覧です: おじいちゃんは25歳 その1:

» 体の氷が溶けたなら私を未来に連れてって(おじいちゃんは25歳#1) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
11/15〜18・22〜25(月〜木)、ほぼ8夜連続放送!!!Canonデジタル一眼レフカメラEOS 5D Mark II、EOS 7Dで撮影したらしいが、プレゼントされるのは「EOS 60D」(爆)  『おじいちゃんは25歳』聞こえてきたのはアイドル水沢奈子が歌う「オープンマイハート」。ここはスカ...... [続きを読む]

受信: 2010年11月16日 (火) 11時43分

« *かん  | トップページ | 三代目明智小五郎 最終話 »