« しょうゆ | トップページ | *「どへた」と「どべた」の違い »

*やらまいか その2

「やらまいか」を論より証拠的なまず行動という前向きなニュアンスで「(とにかく)やってみようじゃないか」と訳すのは遠州人からすると違和感を感じる。実はそんな大層な言い回しではないぞよと。

まあ、最早浜松精神のシンボルに祭り上げられているからそれを否定してもせんないことではありますしそんな意思もないところでありますが。とりあえずは実用としての「やらまいか」を説明しておこうかと。

「やってみようじゃないか」は「やってみまい」・「やるかあ」であろう。

以前にも記事にしたが「やらまいか」は「やろうよ」であって、全国に広がっているごちゃごちゃ抜かさずとにかく動こうという叱咤激励ではなくて俺もやるから君もやろうという勧誘の表現である。つまり「やらまいか」と言っておきながら「じゃあ行ってらっしゃい頑張ってね」とかいうあんた頑張る私応援とかいう事になると「嘘つき」と呼ばれる事になる。

「雨もあがっただでそろそろ続きやらまいか」という使い方であって

「ごちゃごちゃこいても始まりゃせんだでなんしょやらまいか」というよりも

「ごちゃごちゃこいても始まりゃせんだでなんしょやってみまいや」という方が自然である。

ちなみにやって「やろうじゃないか」という言い方は他にもいくつかあって

「やってみすか」

この場合のニュアンスは「試しにやってみようじゃないか」というものである。

「やったるにい」

この場合は「代わりにやってあげようじゃないか」というニュアンス。

「やったらあ」

の場合は「俺がやるからいいよ」というのと、言った手前後には引けぬ状態での「いいよ俺がやるよやりゃいいんだろ」という宣言っぽい二通りが考えられる。

ちなみに以前にも説明したが「やらまいか」と「やらまい」の違いは

「まいか」が勧誘で「まい」が軽い強制である。

|
|

« しょうゆ | トップページ | *「どへた」と「どべた」の違い »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49828003

この記事へのトラックバック一覧です: *やらまいか その2:

« しょうゆ | トップページ | *「どへた」と「どべた」の違い »