« 流れ星 その5 | トップページ | おじいちゃんは25歳 その1 »

*かん 

例えば「そうしんとかん」は(そうしないと駄目)と

大抵「かん」を「駄目」と私は訳しているが

説明する上に於いては「いけない」→「いかん」→「かん」といった

「いかん」(いけない)の「い」抜きが「かん」であるとするのが一般的には分かりがいいのは確かであろうしこれでいいのであろう。

しかしながら遠州弁において「いかん」のニュアンスは「かん」とはどうも異なる気がして「かん」は「いかん」の略形と表記するのに躊躇してしまう。考えがまとまらずうまく表現できないがなんか違うような気がしてくるのである。

以下は裏付けの一切ない私見でありますが。

その理由を考えるに遠州弁には「いけない」という意味では「いかん」と「いけん」があって「かん」は「いけん」の方に属する言葉に思えるからである。「いけん」自体は殆ど遠州では廃れて「かん」が取って代わっているとも考えられる。

「にっちもさっちもいかん」を「にっちもさっちもいけん」とは言わない。「いけず」を「いかず」とも言わない。

そういう違いが「いかん」と「かん」にも有るように思える。つまり意味はほぼ変わらない筈なのに共に入れ替え置き換えをするとざらつきを感じる関係の言葉だという事。

辞書には

「いかん」 「いけない」のぞんざいな言い方。よくない。だめだ。とある。

辞書にある「いかん」が遠州弁で使われている「いかん」と同じものであるとしたら、「いかん」に「駄目だ」という意味があるのだから「かん」=「駄目」でも「かん」=「いかん」でも同じではないかというのを打ち消すべき根拠はないのだが。

しかしながら遠州弁的な(個人的判断なものですが)言葉の印象としては「いかん」は辞書の意とは使い方が幾分異なる気がする。

「いかん」はするな・認めないといった「制約」というものであるものと「はあいかん」(もういけない)というような万策尽きた・万事休すみたいな勢いを有しているものとがある。

「かん」だと失敗・うまくいかないといったという「駄目」もしくは「制止(忠告)」というものと「はあかん」(もうダメ)といった耐えられない・我慢の限界みたいな勢いを有するものに聞こえるものとがある。よくは知らないが関西方面の「いかん」と「あかん」の違いみたいなものであろうか。

「そんなんだでいかんだ」(そんなだからいけないんだ)

「そんなんだでかんだ」(そんなだから駄目なんだ)

「いかん」を使うと否定が第一に聞こえ「かん」を使うと手段の変更を促してるように聞こえる。例えば将棋を指していて

「その手はいかんだにい」(その手は禁じ手だから駄目だよ)

「その手はかんだにい」(その手は拙いだろうから駄目だよ)

「いかんだ」を使うとやる行為そのものを制止する勢いであり「かんだ」を使うとやる事自体は可だがやり方が変だもしくはそれだとやった結果がよろしくないよという勢いに感じるところである。なので(あくまで傾向であるが)

「やっちゃいかんだにい」と言われて不服だと「誰んゆったよをそんな事」(誰がそんな事決めたんだ?)と反論する形になり

「やっちゃかんだにい」だと「構わすけえとんじゃかねえわ」(どう言われようが気にしない)と無視するとかいう流れになる事が多い。

この場合「いかん」は決まり事であり「かん」は発言者の判断意見という違うが感じられるところである。

ということで「いかん」と「かん」がイコールにならない風に感じられるのである。そして「いけん」なら「かん」に置き換えても違和感がない。

流れでいうと

共通語的には「いかん」→「いかない」→「いけない」であろうが

遠州弁的には「かん」→「いけん」→「いけない」もしくは「かん」→「あかん」→「いかん」かと(まああくまで個人的な勝手な想像ですけど)。同じ「いけない」でもニュアンスが違うということでもあろうか。

とにかく、こうした感覚から使い分けがあって「いけん」=「かん」の方が無理がないように思え「いかん」=「かん」という考えに至らないところ。

いつにもまして非常にまとまりのない散漫な文章ではあるが以上の理由から遠州弁のルールとして「いかん」と「かん」は異なるニュアンスの言葉となってるような気がしてくるのである。

もちろん遠州人であろうとも共通語使ってるという意識であればこの限りではないというのがややこしくしてるのであるが。

蛇足だが、ちなみに「かん」ではなく「かんだ」で駄目だ・駄目なのだというニュアンスになるものであり、断定の度合いでいくと「かん」の方が「かんだ」より強くなる勢いが湧く。

「その手はかんにい」(その手は拙いから駄目だよ)

みたいな。

|
|

« 流れ星 その5 | トップページ | おじいちゃんは25歳 その1 »

1-2・遠州弁か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50017037

この記事へのトラックバック一覧です: *かん :

« 流れ星 その5 | トップページ | おじいちゃんは25歳 その1 »