« *遠州では使われないことば くそ | トップページ | *けっこ »

SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その1

 って、なげえよタイトルが。異常に。って物語も異常だけど。名は体を表すってか。

ぶっとび連中の明るく楽しい謎解きショーなのかなと思ったけど、存外闇というか未知の世界が描かれていて。まるでサイボーグというかミュータント同士の丁々発止みたい。

最後の方なんか幾分脳の奥がイガイガするような感覚に陥るぞなもし。

「おつかれやま」とか「高島アナはフジテレビ」とか相棒募集してるらしき人がお茶飲んでたり時効警察が歓談してたり矢部警部補もおった。熱海の捜査官も早くもカヴァーしてたがね。

しょっぱなの撃ち合いシーンの埠頭ってジョーカーの最終回で見たっぽい。CBCを背景にめちゃんこ名古屋押し一辺倒のらうめん屋。店主おつりは100円サバ読むしホントせこくてまいってまうでかんわ。キッコーナンの箱に白板にUFOの矢追さん。Mrブレインやハンチョウに新参者の姿は確認できなかった。

ってな具合で前半相当ギャグてんこ盛りアワーだったのに

後半は常識の範囲を超えた世界であわわでしたな。

まあとにかく面白かった。さすが堤ワールドってか。

でもいつも最初の1・2話と最終回だけの演出で殆どの回の演出は他の方というパターンがお決まりな印象があるだけに今後も安定して面白いかというとその補償はないんだよなあ。このドラマはどうなんざんしょ。

でもキャラ設定とそれをきっちりこなしてる戸田さんと加瀬さん。それに竜さんを愛でるだけでも面白そうなので役を手中に収めていれば演出家さんが変わってもキャラの行動や表現が不変であればこれは当たりかも。そう思わせる観ていたいキャラ群だよな。

でもなんで心臓発作なのに首を掻きむしって悶え苦しんでたんだろ。

|
|

« *遠州では使われないことば くそ | トップページ | *けっこ »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49687011

この記事へのトラックバック一覧です: SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その1:

« *遠州では使われないことば くそ | トップページ | *けっこ »