« *けっこ | トップページ | もやしもん その7 »

*「しよまい」より「しまい」

「しよまい」より「しまい」。

「しようよ」と言ってる訳であるが、さてどちらがより遠州弁らしいかというお話し。

どちらも平素使われる言い回しであるが、傾向としては「しよまい」には名古屋・三河からの流れを感じるところであり「しまい」・「せまい」の方が独自性が強いように感じられるところである。

少し脱線するが、「まい」そのものが名古屋と共通してる感があり「まいか」とした方がより遠州弁らしくなるのではあるが。

「な。するかあ。そうしまい。」と言うのと

「な。そうしまいか。するらあ。」とでは勧誘の度合いが異なる。

遠州人にとって「まいか」と言われると拒否しづらく「まい」なら断りたい場合には躊躇はなしで拒否できる。

それと「しよまいか」という言い方は無い。

この2点から「まい」は「まいか」の略したものではなく別物という勘繰りが成り立つ。

で、話しを戻して「しよまい」と「しまい」。

ニュアンス的に訳すと

「しよまい」(しようよ)

「しまい」(するかあ)

「よ」が付く事によってニュアンスがどう違ってくるのか。あまり変わらない気がする。

じゃあ「よ」って何?助動詞の「よう」なんだろうな。

辞書引くと、①主体の意思を表す。「もう寝よう」。②相手に対する勧誘を表わす。「さあ、食べよう」。③婉曲な命令や希望を表わす。辺りの意味使いであろうか。

「まい」にもそういった意味合いが含まれてる勢いがあるのであえて「よ」は重複だから省いてもというか省いた方がくどくなくてさっぱりする感じがするけどそう考えるのは遠州人だけなんだろか。

「する」でなく「行く」とすると

「いこまい」

「いかまい」

という違いになるのであろう。こうするときっちし違いが出てくる。「いこまい」は遠州では滅多に使わない言い回しである。

「まい」ではなく駿河の「ざあ」に置き換えてみると

「いこざあ」という言い方は存在しない

「いかざあ」は存在する。

おそらくはやはり「しよまい」は遠州弁的にいうと外来種(名古屋辺りからの)で「しまい」がもともと遠州にあったものなんだろうかなと。意味的に違いはないし使い分けのルールがある訳でもないので共に並び立つという感じで存在してるということなんだろうか。

|
|

« *けっこ | トップページ | もやしもん その7 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49633792

この記事へのトラックバック一覧です: *「しよまい」より「しまい」:

« *けっこ | トップページ | もやしもん その7 »