« 獣医ドリトル その1 | トップページ | Q10にかつを »

*のえ

例えば「そうだのえ」

「そうだね」ということであるが、この言い方全国的なものと思われるが似たような言い回しで遠州弁として使われているものと使われていないものを区別してみると

「そうだいね」

「そうだらなあ」

「そうだのう」

「そうだの」

他にもあろうがぱっと思いつくところではこれくらいか。

「そうだのし」

は言わないとは言い切れないところである。滅多にないけど。

逆に普段言わないのは

「そうですな」

「そうでんな」

「そうでおまんな」

共通するのは「だ」を多用し「で」はあまり使わない傾向にあるという事なのであろう。

ちなみにこの「のえ」。発音は「のゑ」ではなく「のえ」。

仮に「のゑ」とした場合その意味は「の」=「ね」・「ゑ」=「なあ」・「だろ?」といった感じであろうか。「そうだね」で納得「そうだなあ」で共感といった趣の違いか。

大抵は「だ」+「のえ」の使われ方で「のえ」単独で使われること及び「で」+「のえ」は遠州では殆どしない。

例文

「ほれえ、隣のゆめちゃんも行っただであんたもトロトロしてんで行くだに。お父さんもなんかいいなよ。」

  (ほらあ、お隣のゆめちゃんも行ったんだからあなたも早く行きなさいよ。お父さんからもなんか言ってよ。)

「そうだのえ。遅れちゃかんでちゃっと出ない。」

「うっさいなあ。今行こうと思ってただにひゃあひゃあゆうもんで行く気なくいた。」

「そんな事ゆうなら行かんで困るのあんただではあ知らんでねえ。」

|
|

« 獣医ドリトル その1 | トップページ | Q10にかつを »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49572487

この記事へのトラックバック一覧です: *のえ:

« 獣医ドリトル その1 | トップページ | Q10にかつを »