« パーフェクト・リポート その1 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その2 »

*だのえ

「そうだのえ」。ニュアンスを訳すのに難しいところだが兎に角大雑把に訳せば「そうだもっともだ」と言っている。

「だ」+「のえ」という事であり、ネットの辞書を調べると「のえ・のへ」上代東国語「なへ」の転とイマイチ訳の分からない事が書かれていた。もうひとつは「のえ」奥豊後の方言で同等もしくは目下相手に同意を求める際に使われると書かれてあった。

これが遠州弁だとは思っていないが日常会話の中でたまに聞くので、まあここいら辺でも使ったりなんかするよということで記載。

「そうだよね」というのとは少し違って同意の要素がより強いので

「そうだそうだ」とか「もっともだ」といった感じの方が近いのかもしれない。

「だのえ」よりも「だの」の方が遠州ではよく耳にする言い回しではある。

「だのい」という言い方もあるのだがこれは「だのし」と同じで遠州での言葉とは距離がある気がする。

「だ」を抜いて「のえ」とかいう言い方をするかといえば「雪の白雪ゃの~え」くらいしか思いつかないけれど使っていそうな気はする。

例文

「明日雨降りそうみたいだで予定変えまいや。」

「そうだのえ。でもあれだらあ?はあ予約入れてあるだら?」

「つったって雨ん濡れてまで○○はしたかないらあ。」

「そりゃそうだん。なんかもったない気がしんでもないじゃん。」

「雨でもやりたい衆らいるだで。しんちゃんらに呉れてやって恩売っとくだあれ。」

「あいつらならやりかねんなあ雨でも。でもどんな恩売れるよを。」

「判らん。呉れてみんと。」

「案外とんじゃかなかったりして。」

|
|

« パーフェクト・リポート その1 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その2 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47327371

この記事へのトラックバック一覧です: *だのえ:

« パーフェクト・リポート その1 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その2 »