« パーフェクト・リポート その2 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その3 »

*「せづようない」か「せずようないか」

以前「いづようない」(居心地悪い)という記事で「ず」か「づ」かにおいて「づ」を採ったのであるが。似たような表現の「せずようない」で「ず」か「だ「づ」かかを考えた場合。

「せずようない」。「せ」(し)+「する」+「よう」+「ない」で「する用ない」と考えた方がしっくりくる気がしてきた。

「せづようない」だと「せ」(し)+「つる」+「よう」+「ない」だと「つる」って何?という事になる。

まあ「す」+「する」と重複するのでいまいち説得力に欠けるところではあるがそれでも

「いづよう」だと「いづる」+「よう」で合うよなあとなんとはなしに思ったのだが、合うのはこの言葉だけのようでやはり「い」+「する」+「よう」+「ない」で「居てもすることない」というのがまともだよなあ。

ちなみに「居てもすることがない」と訳したい場合は遠州弁は「いずようんない」と「ん」が入らないとそうならない。

そう言う事で翻意して「いずようない」・「せずようない」という事に訂正することといたします。ころころ変わってごめんなんしょ。

こういうのって歴史的仮名遣いか現代仮名遣いかということもあろうし、そこいら辺は諸々無い知恵なりに絞って統一したパターンにしていきたいものだいね。

|
|

« パーフェクト・リポート その2 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その3 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49698337

この記事へのトラックバック一覧です: *「せづようない」か「せずようないか」:

« パーフェクト・リポート その2 | トップページ | 霊能力者 小田霧響子の嘘 その3 »