« フリーター、家を買う。 その0 | トップページ | 相棒 season 9 その1 »

*「だら」と「だに」の訳し方

初歩的な遠州弁の訳し方として

「だら」は「だろ」

「だに」は「だよ」

こうストレートに訳した方が破綻が出にくくていいのではなかろうか。下手に気取って

「だら」を「でしょう」

「だに」を「です」

とかにしたら語尾を上げて疑問符形にした場合「です?」なんてことになって有り得ない日本語になってしまう。

しかもこれに「だら」の場合「あ」が付いて「だらあ」とした場合

「だらあ」で「だろう」

がスムーズであり「だら」=「でしょう」だと「だらあ」=「でしょうう」となってしまう。

深く突っ込んでくと矛盾が生じてくるので「だら」=「だろ」・「だに」=「だよ」だと言い切る事は正しくはないがとっかかりとしてはこの解釈が一番無難な訳のような気がする。

そうすれば「だらね」を「だろね」と訳せ変化しても対応できる。

女性が「だろ」と言ってるのはというのに抵抗があって「でしょう」としたい気分であろうが「おい」は使ってるでしょうが女性でも。共通語では「おい」は男性言葉で女性が発する事はない言葉となっている。「おい」はいいが「だろ」はちょっとというのは説得力に欠ける。

それと「ら」・「に」を「しょ」・「す」にと直すこと自体は、間違っているわけではないのだが「「だ」を「で」に直すからややこしくなるともいえるわけで「だしょ」・「だす」とすれば共通語ではないが変換という事に関しては違和感は生じない。

深く突っ込むと「だろ」・「だよ」では無理が生じるというのは例えば「だにい」。「決まってるだにい」を「決まっているんだよう」と訳せなくもいないが実際は「決まり事だからね」。「決まってるんだにい」であれば「決まっているんだからね」といった「だよ」ではなく「だからね」という訳になる。なので必ず「だよ」と訳すのが正しいわけではない。

したがって繰り返しになるが細かくは詮索せずとにかくとっかかりとしては「だら」=「だろ」・「だに」=「だよ」としとくのが無難であろうて。

|
|

« フリーター、家を買う。 その0 | トップページ | 相棒 season 9 その1 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49699282

この記事へのトラックバック一覧です: *「だら」と「だに」の訳し方:

« フリーター、家を買う。 その0 | トップページ | 相棒 season 9 その1 »