« 根性なしが何書いても説得力ないけど | トップページ | *こぞむ・こどむ・こずむ »

*くちつけたの

「くちつけたもの」。「器に口を付ける」つまり飲むという事。「箸をつける」と同じ。

「箸つけたの」であれば「食べかけ」を指し

「くちつけたの」であれば「飲みかけ」を指す。

「つける」を漢字で書くと「付ける」。

「唾付ける」という言い方もあり共通語だとは思うのだが「くちつける」で検索しても接吻系しかヒットしないので、もしかしたら地域性があるのかもと思って記載。

まあ、勘違いでしょうけど一応ね。

味噌は「の」=「もの」という事。それの実用例。

例文

「や、のど渇いたでここんさあにあるジュース飲んでいい?」

「それわしくちつけたのだで水汲んでくるで待ってない。」

「もう飲めりゃなんでも構わんでええって。」

「つうかそれジュースじゃなくて薬溶いたのだもんで。」

「うそっ!やあはあ遅いわ。飲んじまってえ。」

「あ~あ、知らんにいどうなってもを。」

「なんの薬よを。」

「便所は友達。」

「う~腹ん痛くなってきた。」

「気のせいだら。んな早くになんか効きゃせんにい。」

|
|

« 根性なしが何書いても説得力ないけど | トップページ | *こぞむ・こどむ・こずむ »

1-2・遠州弁く行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49553637

この記事へのトラックバック一覧です: *くちつけたの:

« 根性なしが何書いても説得力ないけど | トップページ | *こぞむ・こどむ・こずむ »