« 熱血!平成教育学院に松子登場 | トップページ | *の(物・奴) »

*かじる その2

「掻く」と言っていて「かじくる」だと「掻きむしる」という感じになる。

遠州弁の「かじる」は「掻じる」とした方が相当であって「齧る」という文字は最早当てはまらない勢いである。

「蚊に喰われてかいいっつったってぼりぼりかじっちゃっかんて」

決して歯で痒い場所を咬んでる訳ではない。

「柱が猫にかじられてはあボロボロだよ。」

猫が爪を立てているということであって決して猫が咬んでとかいう事ではない。

|
|

« 熱血!平成教育学院に松子登場 | トップページ | *の(物・奴) »

1-2・遠州弁か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49398557

この記事へのトラックバック一覧です: *かじる その2:

« 熱血!平成教育学院に松子登場 | トップページ | *の(物・奴) »