« せえせえする | トップページ | 十月はなに観よか »

*「もちいく」に「もちくる」

「もちいく」・「もちくる」

「持ち」を「取り」に変換して「に」を足せば共通語になる。

「取りに行く」・「取りに来る」

「に」をい音便化して「い」にして

「もちいいく」・「もちいくる」という言い方も存在する。

ではなぜ「取り」と言わず「持ち」を使うのか。使い分けをしているからである。

「取って来る」だと単純にそこに置いてあるものを取って来るという勢いであり

「持ってくる」にはひと声かけてとか了承を得て等の手間が含まれる感じである。

従って誇張的ではあるが、使い走りという意味合いではなく役割を担うという趣になるということになるであろうか。

それと「とり」だと「盗り」・「捕り」といった拝借風に聞こえなくもないのでそういうニュアンスを嫌うという部分もあろうかと想像される。

例文

「なによを。こんなとこに物置いてえ。邪魔でしょんない。」

「まあそをゆわすとを。はあじきん隣保の衆持ち来るだでうっちゃらんでよを。」

  (そんなこと言わないで。もうすぐ隣保の人が取りに来るんだからそこに置いといて。)

|
|

« せえせえする | トップページ | 十月はなに観よか »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49492240

この記事へのトラックバック一覧です: *「もちいく」に「もちくる」:

« せえせえする | トップページ | 十月はなに観よか »