« ニフティの不通が晴れた | トップページ | *くちつけたの »

根性なしが何書いても説得力ないけど

たおやかに・しなやかに・飄々と。

いずれも武骨の逆を往くような様であるけれど。

どの言葉にもすべて根というか芯の部分に譲れないものの存在が感じられる。

かわし・さばくものであって

決して流されるものではない強さを有していてこそのしなやかであり武骨であろうと。

朝のトップニュースは久方振りに見たくもないものが繰り返し流れていた。

その様は飄々と書くより漂々。それとも恐々か。

今後は「粛々」という言葉の意味使いを変えるよう通達でも出されるのかな。

「粛々」(縮々とも書く)まあまあ・なあなあ・その場しのぎ・外圧の前に規範なし。みたいな?

ついでに

「毅然」蹂躙されても粛々と相手の威嚇に従う事。みたいな?

しなやかにとは似ても似つかぬ根こそぎ流されたみたいに映るけど

日本という国には譲れないものなんて無いのだろうか。

それを剛毅と呼ぶには無理があるよな。

圧に屈したのだとしたら単なる根無し草にしか過ぎず

所詮大輪を咲かせる花には成りえないんだろうな。

経済大国なんぞと自称してる国がかような体たらくな有り様してたら

同じように彼の国と領土問題で対峙してる国々に失望感を抱かせることになるんだろうな。

でもまあ日常茶飯事な店とクレーマーとの関係をバージョンアップしたお国版ととれば今度の対応はこの国らしくはあるか。

それと同じ感覚を感じるものな。言わなきゃ損な言ったもん勝ち圧力かけたもん勝ちということで。客はあの手この手があるけれど店としては手持ちのカードが銭しかないのかしらん。似てるよな。対抗するには「毅然」しかないようだけど。

ホント「毅然」ってなんなんでしょうね。もちろん国民の総意あってのものでしょうけど。

|
|

« ニフティの不通が晴れた | トップページ | *くちつけたの »

4・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49556400

この記事へのトラックバック一覧です: 根性なしが何書いても説得力ないけど:

« ニフティの不通が晴れた | トップページ | *くちつけたの »