« 外科医 須磨久善 | トップページ | *なにがだ »

*なにい

「なんだよ」と言っている。男女共用。

ふてくされた・カチンときたみたいなニュアンスが籠もる。イントネーションが微妙に難しい。共通語では「ハア~ッ?」が近いニュアンスか。

国語的な分解ではなく発音するうえで分解すると「なに」+「い」ではなく「な」+「にい」で「な」を弱く「に」を強く言う。とにかくうざったく嫌そうに言うのがポイント。

えせ遠州弁だと「なんだにい」とかになるのかな全く通じないけど。

実際の遠州弁は「な」で「なんだ」を表わし「にい」は「よ」を表わして「なにい」=「なんだよ」となると解釈した方がすっきりする。

男言葉だと「なんだあ」・「なにや」

女性言葉だと「なによ」辺りであろうか。

例文

「おいなんだよそんなのやれって聞いてないぞ。」

「なにい こっちだって聞いちゃいんにい。」

  (なんだよ。こっちだって聞いてないよ。)

「じゃなんで聞いてんでやってるだあ。」

  (なら、どうして聞いてもいないのにやってるんだよ。)

「知らすけえ。わし来た時はあ前の衆やってただもんで。」

  (知らないよ。おれが来たらもう前任者がやってたんだから。)

|
|

« 外科医 須磨久善 | トップページ | *なにがだ »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49332411

この記事へのトラックバック一覧です: *なにい:

« 外科医 須磨久善 | トップページ | *なにがだ »