« *あんた | トップページ | *くり その2 »

*遠州では使われないことば でら

どえりゃあ・でえりゃあ・でら

名古屋の言葉。どれも「物凄い・大層・度を越えて」とかいう意味であろう。

どれも遠州では言わない。「えりゃあ」の部分は素直に「えらい」である。

凄いの意の「ど」については遠州では「がんこ」・「ばか」。「ど」も同じように使うところである。

なので遠州弁だと「どがんこ」・「どえらい」・「ばかすごい」・「がんこひょうきん」とかになる。脱線するが「ばかえらい」だと遠州弁では「大層しんどい」という意味になる。

名古屋のように「ら」が「りゃ」に変化する事は無い。それと「どえ」が「でえ」に変化する事も無い。「大事」を「でえじ」とは茶化した場合でない限り言う事は遠州ではしない。

憶測だが名古屋は「ら」が「りゃ」になって「どえりゃい」になり、次に「い」が省かれて「どえりゃ」で最後「どえりゃあ」と「りゃ」の長音化になったのか。

「でりゃ」とは言わないのかな。

「どえりゃあ」・「でえりゃあ」はなんとなくどういう使いどころなのかはわかるんですが「でら」は単語の意味は分かるんだけどどういう場合に使うのかよく分からないので近くはあれど別の言葉なんだろうかな。

そういうことで例文というか名古屋弁の文と遠州弁の文との比較を示すのが一番分かりがいいんだろうけど「でら」の使いどころが分からないので略します。

|
|

« *あんた | トップページ | *くり その2 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49549106

この記事へのトラックバック一覧です: *遠州では使われないことば でら:

« *あんた | トップページ | *くり その2 »