« *ばか(ばかり) | トップページ | もやしもん その3 »

どしどし

昭和の辞書で「どしどし」の説明は

{副詞}①休まずに続けて行われる様子。②(よけいな事を考えずに)思った通りに事を行う様子。とある。

いまの「どしどし」って感覚的には「どしどしご応募ください」みたいな「どんどん」と同じ化してきてる気がする。

ネットの辞書での「どしどし」の説明は

{副詞}①物事が次から次へと続くさま。②遠慮のないさま。③足音高く歩くさま。とある。

「どんどん」との同化という気は迷いではないように思える。

例えば「仕事がどしどしはかどる」という表現は

昭和では違和感なかったけれど今こう言うと違和感を感じられるということになるのか。

|
|

« *ばか(ばかり) | トップページ | もやしもん その3 »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49277315

この記事へのトラックバック一覧です: どしどし:

« *ばか(ばかり) | トップページ | もやしもん その3 »