« お客様は王様かよっ | トップページ | とてもとても 2010・7~9月 »

*あおたん

内出血して青あざになっている状態を指す。

花札からきた用語ではおそらくはないので「あかたん」というものは存在しない。出血とかして赤くなったあざを「あかたん」と言う事はないのである。「あおたん」のみが存在していて他の色の「たん」は存在していない。

「あおたん」の「あお」は「青」で間違いないであろう。見えたまんまだし。

「あおたん」の「たん」が問題というか何?というところが味噌であろうが

「たんこぶ」の「たん」と同じなのであろうか。しかしながら「たんこぶ」は「こぶ」の意の俗語的表現。と辞書にあるが「たん」は辞書に載っておらず「たん」って何?というのが分からないので同じかどうか判断できない。

「痣」(あざ・し)に「たん」という読みはないだろうし。

つまり分かっていないけど使ってるということであるので、どなたか「たん」を説明できる方がおられたらご教授願いたいものである。

例文

「さっきそこでおもいきっさひっころんでど痛てえやあ。」

「どれ、みしてみい。どこぶつけたでえ。」

「ここんさあだと思うだけえが。自分じゃめえん。」

「あれえホントだあおたんできてるじゃん。」

「ほんとにけえ。医者行った方がいいかねえ。」

「これっぱかつばつけときゃ治るらあ。」

|
|

« お客様は王様かよっ | トップページ | とてもとても 2010・7~9月 »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49534240

この記事へのトラックバック一覧です: *あおたん:

« お客様は王様かよっ | トップページ | とてもとても 2010・7~9月 »