« GM 踊れドクター その10 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く 最終話 »

*でほ

「法螺」。

「嘘」とは異なるニュアンスである。「冗談」とも違うのであろうか。

自分も含めて周りの衆は使わない言葉なので正しい意味は定かではないが、言われた際におそらくそういう意味だろうと解釈した。

どこの言葉なのか定かではないがネットで調べても出てこないので遠州の固有種なのだろうか。・・・まさかね。

ちなみにうちらは「をた」・「ふかし」とかを使う。

例文(多分こういう使い方であろう)

「どうだったよを。」

  (どうだった?)

「おお、がんこ人いたにい。入りおせんで入れろ入れんでひゃあひゃあやってた。」

  (うん凄い人だかりだったよ。入りきれないものだから入れろ入れられないで揉み合ってた。)

「そんながんこに人おったあ。」

  (そんな大層に人が集まったのか。)

「がんこだよを。車道まで人ん溢れて警察まで来てたもん。」

  (凄かったよ。車道にまで人が溢れてしまって警察が来てたくらいだもの)

「まあたそんなでほこいてえ。」

  (おいおいそんな話し膨らませてえ。)

|
|

« GM 踊れドクター その10 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く 最終話 »

1-2・遠州弁て行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49494134

この記事へのトラックバック一覧です: *でほ:

« GM 踊れドクター その10 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く 最終話 »