« 未来からの恋人 その1 | トップページ | どしどし »

*ばか(ばかり)

例えば「一時間ばか歩いて」だとその訳は「一時間ほど歩いて」となる。

つまり「馬鹿」ではなく「ばかり」の略されたものであろうということ。

もっとも「ばかり」と「ほど」の共通語的違いが「ばか」にはないので「ばかり」の略形であると言い切れるものではない。「くらい」という訳でも可である事がある。

「ばかり」(計り){副助詞}数量・分量が大体その程度であることを表わす。

「ほど」(程)どれだけあるか(どちらかであるか)についての大体の見当。副助詞的に範囲・限度・基準についてのおよその見当を表わす。(抜粋)

「くらい」(位)副助詞的に数量を表わす語や基準を示す語に付いて大体の見当を表わす。(抜粋)

と辞書にはある。

これらの共通点を探すととにかく「大体」。

「ばか」=「大体」ということなんだろうかな。従ってくそまじめに訳すと

「一時間ばか歩いて」は「大体一時間歩いて」ということになろうか。

例文

「えらい眠かったもんで一時間ばか仮眠するつもりで横んなったら、気が付いたら外真っ暗んなってた。」

「それが来んかった理由か?」

「んん。」

  (うん。)

「んじゃねえよ。」

  (うんじゃないよ。)

|
|

« 未来からの恋人 その1 | トップページ | どしどし »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49347724

この記事へのトラックバック一覧です: *ばか(ばかり):

« 未来からの恋人 その1 | トップページ | どしどし »