« *こてこて | トップページ | *日い暮れるに早くなった »

ホタルノヒカリ2 その10

 想い遣ってる空間は居心地の良い場所だ。なるほど。

でもその想い遣ってる処へと押しかけた人間がそのおこぼれを頂戴できるのかと考えるとなるほどとは言い切れないよなあ。もしも私なんかがお宅にお邪魔なんかしたらホタルにほうきを逆さにして迎えられそう。なんちゃって。そんな閉鎖的でもないか。

でもとにかく親子(家族)だからそれが伝わったんだろうかな。

それにしてもホタル(綾瀬さん)と父・盆太郎(石坂さん)はキャラがモロに被ってるよな。それ故にぶちょお(藤木さん)とホタルの組み合わせが突拍子もない訳ではないという説得力が増すところだけど。

着実にぶちょおの方が染まりつつあるな。ホタルがなにか変ったとこあるのかな。仕事より大事なものがあることを知ったというのが大きな変化か。

それに追い打ちをかけるように究極の選択を迫られる事に相成る次第。仕事よりも看病を選んだことが伏線であるならば当然結論は決まってるだろうけど。

なんとなくホタルらしいのではと思えるのはぶちょおの帰りを待ちつつ仕事して山田姉さん(板谷さん)を補助する道ではないかなと。まあ勝手な憶測ですが。

これ以外にも選択肢はあるのかな。もしもあったらそれは予想外の展開で愉快ではあるかな。

それにしてもここまでくると和馬(向井さん)の今後が気になるところではありますな。

|
|

« *こてこて | トップページ | *日い暮れるに早くなった »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49393089

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルノヒカリ2 その10:

« *こてこて | トップページ | *日い暮れるに早くなった »