« 熱海の捜査官 その7 | トップページ | もやしもん その4 »

*「ばか」と「ど」の使い分け その2

「懐かしい」に「ばか」と「ど」を付けるとどうニュアンスが変わるのか。

「ばかなつかしい」。もう懐かしさでメロメロという勢い。想いが明らかにその時に戻っている(タイムスリップしてる)印象を与える。共通語で近いのは「なんて懐かしいんだ」辺りか。

「どなつかしい」。実は左程かく言うは少なし。余り感情が籠もっていない印象を与えるところである。共通語にすると「ひたすら懐かしい」という感じであろうか。

「ど」を普段使わない分他にはどういう言葉を使っているかというと

「がんこなつかしい」。これだと年月が相当経っている印象を与える。共通語だと「とても懐かしい」かな。

「えらいなつかしい」。これもほぼ「がんこ」と同じ印象であろう。共通語なら「相当懐かしい」だろうか。

例文

「こないだ押入れ片してたらどなつかしいもんめっけちゃってえ。」

  (この間押入れを整理してたら大層懐かしいもの見つけたよ。)

「なにい。」

  (なんをだよ。)

「ぺったん。」

「おおそりゃまたがんこ懐かしいもんめっけたじゃん。」

  (へえ、そりゃまたとても懐かしいもの見つけたじゃないか。)

「だらあ?鉄人の絵柄のなんかばかなつかしかったにい。」

  (そうだろ?鉄人の絵柄の物なんか懐かしい限りだったぞ。)

「鉄人かあ。えらいなつかしいやあ。隠密剣士とかわあ。」

  (鉄人か、なんてなつかしいんだろ。隠密剣士とかはあったの?)

「隠密剣士は無かったけどソランとか宇宙エースとかはあった。」

注、最初相手が乗ってくるか分からなかったので「どなつかしい」を使い、「がんこなつかしい」と乗ってきたので「ばかなつかしい」へと移行したという展開。

|
|

« 熱海の捜査官 その7 | トップページ | もやしもん その4 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49414752

この記事へのトラックバック一覧です: *「ばか」と「ど」の使い分け その2:

« 熱海の捜査官 その7 | トップページ | もやしもん その4 »