« GM 踊れドクター その6 | トップページ | *こづむ »

*し

「やばし」(やばい)・「いたし」(痛い)・「かゆし」(痒い)とかいう「し」。

別に遠州弁とかではない古い言い回しであろうが若い衆のおちゃらけ言葉と化して結構生き残っている。まあ「やばい」は俗語の範疇で古くはないが。

古文チックにするなら

「いとかなし」・「あれやばし」・「うらかゆし」

古語辞典で調べてみると

「し」{間投助詞}語調を整え、強意を表す。

とあるのが一番近い気がする。

辞書だと

「し」{副助詞・雅語}何かがどうである。何かをどうするという叙述を強めることを表す。とある。

古語でも共通語においてもその用途は強調するということであろうから別の言い回しでである「馬鹿やばい」・「どやばい」と同じという事であろうか。

ただ、合体して「馬鹿やばし」・「どやばし」と言うかといったら屁理屈上じゃあありうるけど普段はしないところである。何故なら「やばし」とか言うこと自体が余裕ある証し(それほど深刻な状況じゃない)なのであるからそういう状況においてあえて強調の度合いを増す事は大袈裟過ぎて逆に引かれるおそれが出てくるからであろう。

「やばし」に関しては最近の「やばい」(これは心が動いた)に対しては使わず、よい状況ではないという意味合いの「やばい」に対してのみ使われているものである。

|
|

« GM 踊れドクター その6 | トップページ | *こづむ »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49214412

この記事へのトラックバック一覧です: *し:

« GM 踊れドクター その6 | トップページ | *こづむ »