« 逃亡弁護士 第七話 | トップページ | ホタルノヒカリ2 その7 »

*ほんとかや

「ほんとかよ」と言っている。女性は使わないので男言葉であろうか。

「よ」が「や」になってるというだけで意味的に特別なものが付加されてる訳ではない。

これが「ほんとかあ?」とかになると信じてない勢いが勝るのであるが「ほんとかや」だと疑いの要素は薄い勢いとなる。薄いだけで鵜呑みにはしてないだろうが。

状況によっては「そうであって欲しくない」という願望が籠もる場合もある。そういう場合にはニュアンス的に「嘘だろう」とした方が近い事もある。が、まあ「うそだらあ」(信じたくない)というそのものな言い回しがあるのであくまでニュアンスの問題であるが。

例文

「明日来るっつてたけど予定変わって今日んなったって。」

  (明日来るという予定だったけど今日に変更になったんだってさ。)

「ほんとかや。なあんも準備しちゃいんにい。」

  (本当かよ。まだ何も準備してないよ。)

「ちゃっとやるでえの。」

  (すぐやるしかないね。)

「ひょんきんじゃん。勘弁してやあ。」

  (そんな無茶振りは勘弁して欲しいよ。)

|
|

« 逃亡弁護士 第七話 | トップページ | ホタルノヒカリ2 その7 »

1-2・遠州弁ほ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49168400

この記事へのトラックバック一覧です: *ほんとかや:

« 逃亡弁護士 第七話 | トップページ | ホタルノヒカリ2 その7 »