« GM 踊れドクター その3 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く その3 »

*なっぱ

「菜っ葉」。辞書によると「野菜の葉・葉を食用とする野菜」とある。別に方言でもなんでもないところではあるが。

遠州で言う「なっぱ」とは大根の葉っぱとかほうれん草とかのイメージであって辞書にあるような広い総称という使い方はしていなかった気がする。もっとも昔の食糧事情からして豊富な種類が手に入るような生活をしていなかったせいでもあろうが。

インコの餌に「菜っ葉」というイメージが昔あったな。今はどうか知らないけれど。

白菜キャベツを菜っ葉と呼んでたか?ということでは白菜は言ってたかもだけどキャベツはどうだったかいやあといった程度で確信がないところではある。食べれる野草とかも菜っ葉と言っていたのであろうかも定かではない。

最近は浜松の農家さんがチンゲン菜とかの中国野菜とかを積極的に栽培してるとかで葉物の種類が相当数増えているので大雑把に「なっぱ」ではなんのこっちゃという事なんだろう。

それにしても最近言わないよなあと。もちろん日常の普段使いでの話しで専門職の方とかそれなりの齢を重ねた人達はまだ使っているのだが。まあ方言と言うより「昭和」の言い回しなんだろうな。

例文

「たっぱあになっぱいれっぱにしてえ。もうほんとにい。」

  (タッパーに菜っ葉入れっ放しにして。もうしょうがないんだから。)

「そんな怒らんだっていいじゃん。」

  (そんな怒らないでよ。)

「なんで食べんよを。せっかく作ってやってるだに。」

  (どうして食べないの?せっかく作ってあげてるのに。)

|
|

« GM 踊れドクター その3 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く その3 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/47804576

この記事へのトラックバック一覧です: *なっぱ:

« GM 踊れドクター その3 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く その3 »