« もやしもん その2 | トップページ | GM 踊れドクター その6 »

N響アワー ほっとコンサート

 ガールズの魂百までも。

ユイカがトロンボーン担いでN響の中に混ざって吹いていた。司会もしていて一言もSGの事は口に出さなかったけどトロンボーンを選んだという事がひたすらに楽器に対する想いはそういう事なんだろうと勝手に解釈させて貰った。

これが昔取った杵柄では寂し過ぎるものな。ユイカはいい人だ。そういう風に夢見ておこう。

それにしてもアンコールの仮面舞踏会には心が揺れたなあ。とにもかくにもその理由はこの曲を聴くとオリンピックをテレビ桟敷で観てて伝わってきたあの緊迫した金箔への挑戦が脳裏に再現されるからであって、つくづく音楽というものは背景が加わると化けるものだよなあ。

そういう想いが湧いたので、ファースト&ラストコンサートを収録したSWING GILS LIVE!!のCD久方振りに聞き直したけど、その背景はまだ色あせておらずシング・シング・シングはやっぱいまもって心が揺さぶられる。でもこれにはユイカ出てないんだよな。言うてもせんなきことなれどちと口惜しや。

やっぱ音楽は想い出とリンクしてこそより感動するもんだよな。

9月に入ったらBSでもっと長めに放送するとかでそん時改めてまた観よう。

|
|

« もやしもん その2 | トップページ | GM 踊れドクター その6 »

2・スウィングガールズ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49223122

この記事へのトラックバック一覧です: N響アワー ほっとコンサート:

« もやしもん その2 | トップページ | GM 踊れドクター その6 »