« *よりあい | トップページ | *だいね »

GOLD その6

 このドラマは前途洋々順風満帆という絶頂期から転落していく様を描いている(最後は持ち直すんだろうけど)展開なのか、傍目から見たら絶頂に思える家族でも内情は綱渡りという懸命を描いてる展開なのか。

リカちゃん人間(長澤さん)目線で物語りが綴られているのがより鮮明ならもっと分かり易く観れそうなんだけどなとつい思ってしまいます。

見上げる巨人という存在の悠里(天海さん)であれば、統べる人間というのはこういうものかという感じで提示してくれた方がね。未知との遭遇かの如く平々凡々な人間新倉リカが天上界の人間と接する機会を与えられてその見た事を綴るという展開だったら好みなんですけどね。

今回は若干そういうニュアンス(何考えてるのか分からない悠里)があって面白かったな。家族の殉ずる覚悟という点も物珍しかったところです。

今朝のとくダネに天海さんが出演されて刑務所での慰問の際の舞台でのシーンの事を熱意を以て述べられていて、なるほどそこまで言わっしゃるならと構えて注視したわけですが。

いやあ確かに迫力あったなあ言わっしゃる通りでした。丈治(反町さん)がホント「おのこ」らしかった。そこまで会場の空気を土壇場に追い込む悠里の一席ぶち加減は見応えありました。なんで悠里がこういう時期にこんな真似をとかいう是非はともかく素直におお~と感嘆しました。理性から感情へと移り変わる変貌の辺りは自分が言われてる気分になりました。思い当たる節はないんですけど、丸め込まれた勢いになりました。

どちらかといえばオリンピックで金を目指すスポーツマンシップに則った正々堂々なドラマという感じが薄味で、いっそのこと名門早乙女家を巡るお家騒動記とした方がぴったり合うみたいな展開がこのところ続いているのですがこの認知問題どこまで引っ張るんでしょうかねえ。

不倫相手の上司は旦那持ちというシーンは面白かったな。初めて悠里を喰ったリカという図式で笑えた。でもこの人早乙女家の人に受け入れられつつあって重要な存在にどんどんなってくみたいでただのお笑い担当という訳でもなくなってきたような気がする。ってのは気のせいか。これでおじいちゃんまで取り込んだら凄いよな。無理だろうけど。

|
|

« *よりあい | トップページ | *だいね »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49132201

この記事へのトラックバック一覧です: GOLD その6:

« *よりあい | トップページ | *だいね »