« *「いいじゃん別に」と「別にいいじゃん」 | トップページ | ジョーカー 許されざる捜査官 その8 »

何気に思ったこと 2010・8月

*今年の夏って異様な暑さで辟易の極みであるのだが、唯一例年より過ごしやすかったことがある。

それは蚊の出没がことのほか少なかった事。もちろん皆無じゃないから蚊取り線香は手放せないのは変わりはないが凄掻くムヒの出番は少なかったな。

*昔の空想科学って大抵は公共物の進歩であって個人所有が充実するものではなかったような気がする。つまり規格品が発展して誰もが同じものを使うという平等・公平・共有な世界というものが根底にあったような。それに似たような精神世界がスタートレックでも謳われてたような曖昧な記憶があるな。つまり私欲独占欲とかいうのが衰退するんだと。

でもなかなか現実はそれに近づいていない。そういう発展を妨げているのはオンリーワンが最高みたいな風潮で公共性という意識が薄れつつあるからな気がするところである。贅沢の限りということもあるだろうし、相手を思い遣るという目的のマナーの欠如から次の人が使えなくなることに躊躇がないとか他の利用者のことなんか関係なく如何に自分が満足するかが重要という意識が邪魔してるんだろうな。

欲深いというのもあるのかな、限定商品とかに食いつくとか他と一緒じゃ嫌だとか使い回しは御免こうむるで。除菌にこだわりすぎるきらいも輪を掛けているのやも。

作る方も共有というある種の決まりの前提のもとに作ってもそれに従わない挙句に想定外な使い方をされて賠償を要求されてしまう始末に将来を見据えたうえでの冒険が出来ない。

すぐに飛びつくミーハーはいつの世にも栄えてはいるが移り気で薄情なものである。高級性は望んでも恒久性に興味が薄い。

アトムなりな空想を現実化しようという勢いはあるが、その精神にまでは実現化しようという勢いは萎える一方のような気がするところです。

*銀行のCmが溢れてる。昔は考えもつかなかったのにな。

*海外への旅行者が増加傾向にあるとテレビが言っていた。

所詮日本人は金持ちなんだろうな。それとも無理をしてるのかな。どっちにしてもエアコンやらなんやら「~無しでは生きられない」ものの数が増えていてそれらが生計を圧迫してるんだろうな苦しいとお嘆きの貴兄の方々は。

節約と節制の違いはよくは分からないけど「~無しでは生きられない」という呪縛を解いていけば案外穏やかに生きられそうな気もしないではない。

そうはいっても昔ながらではお話しにならないことも確かに多い。例えばこう暑くてはエアコンは最早生きてく上での必須アイテムであって呪縛のアイテムとは言い切れず気を抜くと熱中症で葬られるという温暖化の世界。

考え方だけにとどまらず自然への対応も含めての移り変わりは確かに存在する。だから時代に即して生きてくというのは大変だ。何が正論で何が呪縛かは自分で決めてくしかないんだろうな。少なくともこれでもかという広告やら皆やってるからとかいう何かに踊らされて判断してくのだけは嫌だな。

*就職浪人ががんこ増えてるというニュースをテレビでやっている。救済処置として数年は新卒扱いとする・就職活動に専念する期間を設けてはどうか等の手立てが講じ考えられてるそうな。

つまるところ欲しい人材ではないというか仕事に生かせる技術や知識を有していないからであって、一体学校で何をやってきたのかを問うた方がいいのでは思ったりなんかして。専門学校化せよというつもりは毛頭ないのだけれど時代の要求に応えられる人材を輩出していないということもあるんじゃないのかとふと思えてしまう。

まあ人生の敗北者に限りなく近い自分が言ったところで説得力は無いが。

説得力という事ではとある漫画家さんがいい事(正論)言ってたなあ。大雑把に書くと批判というか自分の世界をぐいぐい押しつけてくるような人に対し、そういう読者(客)という立場なら何言ってもいいんだと勘違いしてる輩に対して「才能も無く、努力もせず、そのくせ与えられるものに不平を言って、努力する人間の足しか引っ張れないような奴は、目を瞑ってどっか隅っこに挟まって、口だけ開けて雨と埃だけ食って辛うじて生きてろ」。単なる怒りの発露ではなく結論は自分の世界があるのなら努力して自身で作品を作り上げろと諭してる訳であるが、よくぞ言ったと。でももしかしたら自分もこの傲慢な手合いの一人なのかもな。反省しよう。

*以前放映されてたドラマとかが有料で見れるようになったとな。

似たような感じの出来事としては水を買うってのが思い浮かぶな。一昔前なら水を売るなんて商売になるのか?というのが常識だったけどそれが覆されて今じゃペットボトルの水を買って飲むのが当たり前にすらなってきている。という事例。

それとおんなじでテレビはタダという常識だったけどそれが覆されてテレビはお金を出して見るものという風に変わっていくのかな?

*自転車と歩行者との間の交通事故において自転車側に高額賠償判決

その事自体は自転車のマナーの悪さは常々感じているだけに納得な気がするのだが。あざとい自転車乗りは歩行者とは関わりあいたくないからということで今度は車道を走るようになるんじゃないかと車に乗る者としては危惧したりもする。

車道も歩道も迷惑がられる不幸なポジションにある自転車であるが、それでもやはりバックミラーも付いてないような車両が車道を走るというのはなんか怖い。

歩道も駄目車道も駄目ってことでつまるところ走るとこがないんだろうな自転車には。

*臓器移植のニュースが流れてる。これって善意そのものだろうな。

だけどもそのうちたとえ家族であろうとも自分の腹が痛むわけでもなしとてくれるじゃもったいないから売ってやるとか言い出す家族が現われそうな気がしたりもして。なにせ給食費とかも払わないで済ませようなんてのが最早ニュースネタにすらさえならないというあわよくばの性根が蔓延化しているのだから。

|
|

« *「いいじゃん別に」と「別にいいじゃん」 | トップページ | ジョーカー 許されざる捜査官 その8 »

4・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49134474

この記事へのトラックバック一覧です: 何気に思ったこと 2010・8月:

« *「いいじゃん別に」と「別にいいじゃん」 | トップページ | ジョーカー 許されざる捜査官 その8 »