« *方言・訛り・弁・ことば・語 | トップページ | 逃亡弁護士 第七話 »

ジョーカー 許されざる捜査官 その6

 闇で裁くにおいても道理が整わなければ裁かないという掟を示した回ということでせうか。新米たる久遠(錦戸さん)の暴走によってその信念が明かされた訳ですが。

プレッシャーががんこだろうな罪を断罪するというのは。ここまでくると最後は白日の下にさらされて捕まるなりして重き肩の荷がおりてほっとするみたいなエンディングを想像してしまいますわいな。

今回は家庭内暴力という細かいケアでしたけど。しかしまあ悪人でも明確な犯罪を犯さずなおかつそれと立証されなければ普段のあざとい生き様に対して闇にすら葬られずのうのうと社会に解き放たれているという事なんですから。万能の救世主とはいかないようではありますな。

へまして尻尾が見えたら捕まるんでしょうけどしくじることなく頭も尻尾も突出してなければええじゃないかという輩はくさるけにいるんでしょうね。モグラたたきは永遠に続きそうな気もしないではないところですな。

で、この回のもう一つの流れは井筒課長(鹿賀さん)は何者ぞ。というかこっちの方が本流になりつつあるような気がしてきた。確かにこれなら久遠以外の登場人物が全て関わってくるのだからモグラたたきの必殺仕掛けの消耗戦やってるより遥かに深みと明快な結末ががありそう。

ひとつの事件に対してそれぞれが皆見解というか立場が異なるというのがまた凄いな。つるんでる筈のマスター(大杉さん)と伊達(堺さん)ですら見解が異なるんですから。この事件の再燃が元でチームに破たんが起きるとかいうような展開だけは勘弁して欲しいところだけど混迷と疑心暗鬼は愉しみたいところですな。

またぞろ犯人は警察内部という好ましくもなんともないお決まり(食傷気味な最近の定番)のものでしょうけど。もしそうじゃなかったら記憶に残るドラマになるやもだけど・・・ないだろな。

|
|

« *方言・訛り・弁・ことば・語 | トップページ | 逃亡弁護士 第七話 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49174207

この記事へのトラックバック一覧です: ジョーカー 許されざる捜査官 その6:

« *方言・訛り・弁・ことば・語 | トップページ | 逃亡弁護士 第七話 »