« *やいやい その2 | トップページ | ホタルノヒカリ2 その5 »

天使のわけまえ その5

子は鎹ってか。

子供と呼ぶには相当大人の階段昇ってたけど。

落としどころは如何に許すかというところにあったんでしょうかね。それとも何を許したのかということなのか。怒りはどこに埋めたんでしょうね。

根無し草に安住の地が見つかったという周りの雰囲気でもあったし。それがご褒美というかわけまえということなのか。

何を求めて何を許せば天使の微笑みが訪れるやら。内面的に極端に成長したとかいう変化がくるみ(観月さん)に訪れた風でもなく最初から善い人だったとも思え環境だけが劇的・衝撃的に変化したという状況かと映ったけれど。

ならなんでもっと早く(若い時分)に良縁に恵まれなかったんだろうこの人はと思ってしまいますな。派遣だったみたいで特に仕事一途という風でもなかったみたいだし。決して壮大な野望を抱いていた風でもなくただ毎日を美味しい食卓で飾りたいと願うだけのほのかな幸せを望んでいたように映ったお人がこげな婚期が遅れたんでしょう。ましてやかくもお綺麗だあらしゃっただけに。

料理は一日してならずで小さなことからこつこつとでしょうからこの状況下におかれて初めて気づいて新たに始めたということでもないでしょうから。

謎は飛べて透けてないな。でも面白かったな。

つまるところこのドラマは役者力を愛でるドラマということだったんだろうな。「観月ありさ」と「大滝秀治」を愛でるが愉しきところだったということか。

|
|

« *やいやい その2 | トップページ | ホタルノヒカリ2 その5 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49055470

この記事へのトラックバック一覧です: 天使のわけまえ その5:

« *やいやい その2 | トップページ | ホタルノヒカリ2 その5 »