« *ててて | トップページ | N響アワー ほっとコンサート »

もやしもん その2

 早かったなあ。あっという間の30分だった。直保(中村さん)もぼやいてたくらい怒涛の一日の様相だったな。あれ?これで終わり?って感じで物足りなさを感じるくらいでありました。とにかくテンポがよくてこのサクサク感が快感ですわ。

あれこれで終わり?って思った理由は、菌たちと遊んだ結果が観れなかったのと及川(はねゆりさん)の真意が不明なままいつのまにかいなくなってしまって、ファンタジーの世界で終わってしまったって感じ。でもそれなりにあの光景は華やかな舞踏会って感じがしてこれもアリでよかったです。

それにしてもその能力に纏わりつくのは菌ではなく人間というのはなんと申しましょうか色々な意味で下心満載の連中に囲まれてはたして直保は心穏やかに学園生活を満喫できるんでしょうか。まあ若いからそれくらいの刺激があった方がいいのか。

とにかく愉しいや。

「醸すぞ~」がちょっと口癖になりそうで怖い。

ベスパらしい音が心地よかったな。

それにしてもあの腐臭の地獄絵図。どちらの食材もお目にかかったことはないけれど如何に凄いかが如実に伝わってきて凄まじかったな。吐き気に転化しなかったところは唯一の美徳というべきか。でもとにかくそういった配慮が行き届いていてグロさがなくてひたすらに笑えて観れてよかったです。

もちろん食べたいなんて気はこれっぽっちも起こりませんが。

話し飛びますがこの「もやしもん」フジテレビのHPでは「ドラマ」ではなく「アニメ・キッズ」の中に分類されてます。アニメはともかくキッズはないだろうと思わないでもないところで。

遥(加藤さん)のボンデージファッションも愉しみのひとつに違いなく、そりゃどうみてもよい子のお楽しみじゃないだろうと。

まあとにかくそんなこんなで色々と見所が豊富でこれは面白い。

|
|

« *ててて | トップページ | N響アワー ほっとコンサート »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49214568

この記事へのトラックバック一覧です: もやしもん その2:

« *ててて | トップページ | N響アワー ほっとコンサート »