« ジョーカー 許されざる捜査官 その7 | トップページ | ホタルノヒカリ2 その8 »

*遠州弁は古文っぽい その2

例えば

「ほんに この世は おそろしや」

という古文チックな文章。これを遠州弁に変換すると

「ホントこの世はおそろしいやあ」

となる。

つまり普段使わない「ほんに」を普段よく使う「ホント」に置き換えて、「おそろし」を今の「おそろしい」に「や」を長音化し、「おそろしい」と「やあ」とするとばっちり遠州弁になる。

微妙に変化しながらも古文テイストが生き延びてるのが遠州弁ではなかろうかというお話し。だからといって遠州人は古文がなんとなく読める事が出来るという訳でもない。

|
|

« ジョーカー 許されざる捜査官 その7 | トップページ | ホタルノヒカリ2 その8 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/49007315

この記事へのトラックバック一覧です: *遠州弁は古文っぽい その2:

« ジョーカー 許されざる捜査官 その7 | トップページ | ホタルノヒカリ2 その8 »