« うぬぼれ刑事 その3 | トップページ | *だでなによを »

*「じゃん・だら・りん」は三河でしょう

「遠州弁」で検索するとたまあに「我が地元はじゃんだらりんでお馴染みの遠州弁・・・」とかいうフレーズにヒットする。

「じゃんだらりん」は三河だろうとツッコんでしまいたくなる衝動に駆られるか、ああこの人湖西の人なんだろうかなと憶測したりする。

しかし「じゃん」も「だら」も使うわけだし「りん」は使わないにしても「りい」なら使わないこともなく。全く否定に走るというのも了見が狭いとも思える。遠州弁と一口に言っても掛川以東と浜松では相当に違いがあり、三河と遠州という括りでの比較と大して違わないものもある。

でもやっぱ「じゃんだらりん」は三河弁の代名詞だろう。いくら遠州弁と三河弁は似ていると言っても同じじゃないんだし三河の側からしてみればそんなとこまで遠州弁は三河の真似をするのか?と言われかねないよな。

なにしろ元祖は「三河」じゃなかろうかという風説もある「遠州弁」なだけにキャッチフレーズまで似せるのは自粛すべきところだろう。

ところで別の記事にも書いたけど「じゃん」。「じゃん」は相模の言葉として世間一般では通っている。遠州でも使うしおそらくは駿河でも使っているであろう。遠州としては三河から来た言葉なのか相模から駿河経由で来た言葉なのかどっちなんでしょうね。

少なくとも遠州発祥とは思えない。なぜなら遠州は昔は「づら」・「つら」が主流であり、「じゃん」と「づら」は共存できない使いどころがかち合う言葉であるから。それと「じゃん」を使うようになって「づら。つら」が衰退したとも考えられなくもないところであり「じゃん」は遠州にとっては外来方言であったのだろうと。

それと同じことが「だら」にも言えるような気もする。もしそうだとすると「づら」が「だら」に変化したという話しではないということになる。

こうして考えると「じゃん」と「だら」がほぼ同じ時期に入ってきて遠州弁が変わったと勘繰れなくもないところである。ということは相模から「じゃん」だけが入り三河からは「だら」が入ってきたと考えるよりも三河から「じゃん」と「だら」が同時期に入ってきたと考える方がスムーズに思える。

つまり「じゃん」は遠州人の立場から考えてくと三河が発祥の地と考えた方がスッキリするのだがどうなんでしょうね。

|
|

« うぬぼれ刑事 その3 | トップページ | *だでなによを »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

「じゃん」「づら」は何処が発祥なんでしょうね。信州、甲州でも遣われているんですよ。高い山々により隔絶された所なのに、遠州駿州と言葉が同じという...
私は、「じゃん」発祥地は、位置的に、遠州か駿州かと思っていたんですが(「じゃん」圏の尾張~信州~甲州~相模の真ん中だから)、遠州では元々遣われていた訳ではないのですね。うーん...
となるとやっぱり尾張か三河ですかねー。

投稿: 武州浪人 | 2016年12月 6日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48899207

この記事へのトラックバック一覧です: *「じゃん・だら・りん」は三河でしょう:

« うぬぼれ刑事 その3 | トップページ | *だでなによを »