« *「じゃん・だら・りん」は三河でしょう | トップページ | 意図が分からぬ »

*だでなによを

「だからそれがなに?」と言っている。女性言葉か。

男だと「それんなんだあ」とかであろうか。

突き放したもしくは開き直った言い方なので放った相手に温情味を求めるのは難しいところである。つまり売り言葉に買い言葉へと進みやすい。

例文

「あれえ、そこんさあはそうゆう風にしん方がいいだにい。でんとカスん飛び散るじゃん。」

「だでなによを。いいじゃん。勝手だらあ。そんなこん気にしてたら満足のいくもんつくれんだでねえ。」

「なにゆってるよを。あと片すのこっちだでねえ。あんた後ほっぽらかいてなんにもしんじゃん。片す方としてひとことゆう権利はあるだでねえ。」

|
|

« *「じゃん・だら・りん」は三河でしょう | トップページ | 意図が分からぬ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48757471

この記事へのトラックバック一覧です: *だでなによを:

« *「じゃん・だら・りん」は三河でしょう | トップページ | 意図が分からぬ »