« GOLD その1 | トップページ | うぬぼれ刑事 その1 »

*くる

使い方例としては、「つるくる」・「せせくる」・「いじくる」・「こねくる」・「歩くる」・「破くる」・「ほじくる」などが思い浮かぶ。

共通語でいうのなら「ほじくる」は共通語と同じか。「こねくる」なら「こねくりまわす」と言うのかな。遠州弁はこの「くる」という言い回しがお気に入りということであろう。

訳としては正しい訳とは思えないが「~したおす」・「~しまくる」などというのがニュアンスとしては近いのであろうか。まあ「「吊るす」である「吊るくる」を「吊り倒す・吊りまくる」という訳にはいかないのであるがそれ以外の例に挙げたものは「~したおす」的な感じで間違いではない。つまり「やりすぎ」的なイメージが有るという事。あくまで遠州弁でのニュアンスのお話し。

漢字で書くと何になるのか見当がつかない。思い浮かぶ限りでは「来る」・「繰る」・「呉る」辺りか。古語辞典での「暮る・暗る・昏る」の説明の中で「心が乱れ惑う。理性を失う。=くらむ。」というのがあったのでこの三つもアリなのかもしれないが当然憶測の範疇を出ない。

まあ例に挙げた中で「ほじくる」・「やぶくる」・「あるくる」は「穿る」(ほじく+る)・「破くる」(破く+る)・「歩く+る」で、「くる」ではないので「くる」の漢字はなんじゃらほいと考えるのはとんだ見当違いということかもしれないが。

例文

「ここどこよを。」

「分からん。地図見がつらさんざっぱら歩くった挙句が迷子かや。」

「はあそんなんやぶくっちまえやあ。怒れるに。」

「地図のせいじゃありもしん。おめえがコンパス意味もないのにいぜくりまわいて壊すもんでどっちん北だかわからんくなったもんでじゃんか。」

「あれなによを。わしんせいにするだ?」

「当然じゃん。」

「随分じゃん。はあええで、帰るかあ。」

「ばかっつう。帰れんもんで迷子っつうだあ。」

|
|

« GOLD その1 | トップページ | うぬぼれ刑事 その1 »

1-2・遠州弁く行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48282542

この記事へのトラックバック一覧です: *くる:

« GOLD その1 | トップページ | うぬぼれ刑事 その1 »