« うぬぼれ刑事 その1 | トップページ | パソコン買い換えて その4 »

*んーとねえ

「あのねえ」というよりも「そうだなあ」というニュアンスの方が近いか。遠州弁と言い張るつもりはさらさらないがもしかしたら地域によってはニュアンスが異なるやもと思って記載。

こういう使い方しかされないという事では決してないが、一応考え中というのをアピールしてるというか沈黙にならないように間を持たせる時などに使われる。

聞いてる方としてはほぼ意見の主旨は固まっているがどういう表現にするか迷ってるという風に感じる事が多い。

従って急かす場合には「なにいはっきし言いな」という事が多く

何を言い出すんだ?という場合には「なによを何言いたいよを」とかになることが多い。

共通語での「うーんとねえ」との違いは先にも書いたが迷っているものが異なって聞こえるという事。「うーんとねえ」だと主旨すら決まっていないみたいな考え中であり「んーとねえ」はどう言おうかを迷ってるみたいな勢いの違いがある。

「んーとねえ、どうしっかな」という言い方は若干変であり

「んーとねえ、いや、やっぱどうしっかな」というのであれば違和感はない。

従って「うーんとですねえ」と訳すよりも「あのですねえ」・「えーとですねえ」とした方がニュアンスは近いような気がする。

もちろん例外的な使い方もあって、例えば子供がショーケースに並ぶケーキをどれにするかと「ん~とね。ん~とねえ」と悩んでる時に母親がそのまだるっこしさに耐えかねて

「も~早くしなさい。」なんて言うと子供がちんぷりかえってしまうという光景を目にすることになったりする。

子供としては全部欲しいのだがそうも言ってられないのでとりあえずそれぞれ食べたらどんな味になるか想像して楽しんでいる時間な訳で、それを邪魔されてえらくおかんむりという事になるのである。

まあ「時間稼ぎ」という事では同じではあるが。

別に子供が使う表現ではなく性別・年齢に関係なく使われる言い回しである。もちろんこれが遠州独特なのか全国どこでも同じなのかは知る由もない。

|
|

« うぬぼれ刑事 その1 | トップページ | パソコン買い換えて その4 »

1-2・遠州弁わ・ん行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48818520

この記事へのトラックバック一覧です: *んーとねえ:

« うぬぼれ刑事 その1 | トップページ | パソコン買い換えて その4 »